我が家の浪費の実態!浪費をなくす方法をまとめました!

我が家の浪費の実態を探るknow

各ご家庭によって年収も様々ですし、何を「浪費」と考えるのかも価値観に差があると思います。
ごく平均的なご家庭の、平均的な家計簿を見ることから探ってみたいと思います。

住宅ローン      77,000円
管理・積立費     27,000円
駐車・駐輪代      5,900円
保育園代        20,000円
学童代           6,000円
給食代           3,500円
小遣い(夫)       25,000円
小遣い(妻)        8,000円
小遣い(子供)       2,000円
食費            50,000円
日用品費         10,000円
光熱費           25,000円
交通費           10,000円
通信費            8,000円
教育費            5,000円
レジャー費          5,000円
医療費            10,000円
被服費             5,000円
特別費            50,000円
積立投信           50,000円
合計             402,400円

このご家庭の場合は、夫婦共働きで、2人のお子さんが居る4人家族(都内在住)です。
無駄を切り詰めて生活されているケースの家計簿ですので、浪費はされていません。
住宅ローンや管理費・積立金等の固定費での浪費ということは考えられませんので、
浪費の可能性が出る部分は、レジャー費・被服費・食費という部分だと考えられます。
小遣いも大きく影響が出る部分でしょう。

浪費するとしての可能性のあること
☆ギャンブル(ゲームなども含む)
妻か夫或いは二人が、ギャンブルをしている場合。
☆外食が多い
付き合いもあるでしょうが、外食が多く高額なレストランでの食事が多い場合。
☆エステやネイルサロン等に通っている
最近は男性の利用者も増えているので、夫婦で美容にお金を使う場合。
この場合、洋服や小物などにも同時に浪費している可能性が高い。
☆お酒・タバコなどの嗜好品
外食の場合でも、自宅の場合でもお酒を多く飲む場合。タバコ等嗜好品の浪費。
☆趣味のためのお金
オーディオに凝っている、高級家具が好きなど、趣味のために浪費する場合。

収入以上に消費しているとすると問題は大きくなりますね。
家計の収支について、見直してみると、浪費の実態も浮き彫りにされるでしょう。

 

土日祝日でもお金借りれるカードローン※内緒で即日融資OK!では、土日・祝日でも申込みができるカードローンを紹介してくれています。スグにお金が必要な方にお勧めです!

安心してお金を借りるのなら大手の銀行や消費者金融を利用するのがおすすめです。消費者金融の長所や短所、銀行カードローンの長所や短所をわかりやすく記述しているキャッシングHackSというサイトがあるのでお金を借りたいとお考えの方は一読してみるとよいでしょう

Copyright(C) 我が家の浪費の実態!浪費をなくす方法をまとめました! All Rights Reserved.